LINEの再インストールでトーク履歴を引き継ぐ方法は?

横長広告バナー


LINEは使い勝手が良いので、いつも使っている人も多いと思いますが、何か調子が悪い、ということもあるかもしれません。

思い切ってLINEを再インストールする事を考える方もいらっしゃると思います。

LINEを再インストールする際に大事なのが、引継ぎです。

特にトーク履歴については特別な注意が必要です。

そこで今回はLINEを再インストールする際、トーク履歴を引き継ぐ方法についてご説明します。

まず、LINEの引継ぎには、「メールアドレスとパスワードの登録」が大事になります。

いま使っているLINEをアンインストールで消してしまう前に、必ずこの操作を行うようにしましょう。

意識してやっていないと、登録されていないことがほとんどです。

LINEのトップ画面の右の方にある「・・・」のようなボタンから歯車のようなボタンに進み、設定画面を開きます。

そして、「アカウント」というところに進むと、メールアドレスを登録する画面がでますので、正確に登録しましょう。

メモも取るようにして下さい。

また、同じく「アカウント」から、PINコードの登録というのもしておきましょう、メモを忘れないで下さい。

LINEのアカウントのデータのうち、友達リストなどの、かなりの部分はメールアドレスとパスワードの登録だけで引き継ぐことができるのですが、トーク履歴だけは、別途保存しないと、引き継げません。

また、iPhoneでは特に、引き継ぎが苦手なようです。

ではまず、トーク履歴の引き継ぎ方法について、Androidの場合を説明します。

Androidでは、引き継ぎ用の保存ファイルを作ることが出来ます。

保存したいトークの画面を開き、右上の横しま模様のようなボタンをタッチして、トーク設定の画面を開きます。

そうすると、「トーク履歴をバックアップ」という項目が出ますので、これをタッチして下さい。

「全てバックアップ」を選んで保存します。

余裕があれば、別途「テキストでバックアップ」も行うとなお良いです。

これを、必要なトークについて全て行っておきます。

そして再インストールしたら、トークを復帰させたい友達とのトーク画面を開き、また「トーク設定」を開きます。

そして、今度は「バックアップ」ではなく「トーク履歴をインポート」を選びます。

そこから、先ほど「全てバックアップ」で作った、保存用のファイルを開き、トークを再び呼び出すことが出来ます。

また、「トーク履歴をバックアップ」の画面で「テキストでバックアップ」を選ぶと、evernoteやパソコンの「メモ帳」「ワード」等で読める形でも保存できます(ただしスタンプのやり取りの記録はこの方法だと残りません。)念のため、こちらでも保存しておくと、より安全です。

つぎに、iPhoneでのトーク履歴についてですが、基本的には、残念ながら保存する方法が用意されていないようです。

したがって、トーク履歴を前と同じ形で、再インストール後に引き継ぐことは、難しいのが現状のようです。

しかし、iPhoneには、「画面スクリーンショット」と言われる、いま画面に表示されているものを、そのまま写真のように保存する機能があります。

方法は、機種によって異なりますが、iPhone6では、「ホームボタン」と「スリープボタン」の同時押しです。

これを、トーク画面で何度も行うことで、画像としてトーク履歴を保存することが出来ます。

LINEの画面そのもののトーク履歴は引き継ぎが難しいのですが、この方法で、沢山の画像として、トーク履歴を残して、読み返すことが可能です。

なお、Androidでもスクリーンショット機能はあるので、Androidをお使いの方も、こちらのほうが手軽な場合があるかもしれません。

以上がトーク履歴を再インストール後も残す方法です。

大事なのは、アンインストールしてからではなく、その前に、あらかじめ、メールアドレスを登録したり、トーク履歴を保存したり、事前に準備をきちんとしておくことです。

手順をしっかり確認して、慎重に進めて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です