LINEの無料通話はWi-fiで使えるの?

横長広告バナー


LINEの無料通話は、大きくわけて2種類の通信方法を使うことが出来ます。

これを賢く使い分けることで、LINEの無料通話を更に快適に使えるようになります。

そこで、今回は、LINEの無料通話と、特に「Wi-fi」の関係についてご説明します。

まず、LINEの無料通話というのは、昔からある電話回線ではなく、インターネットの通信を使っています。

携帯電話・スマホでインターネット回線を使うには大きく2つの方法があります。

1つは、携帯電話会社の用意している、「3G」「4G」「LTE」などと呼ばれる回線です。

高速で、電波が強いため、屋外でもどこでも使いやすいのがメリットです。

携帯電話・スマホを使う時、通常はこちらを使うことになります。

しかし、この通信方法には弱点があります。

それは、いわゆる「月に○○ギガバイト」というような通信データ量の制限があることです。

動画を見たり、たくさんのウェブページを見ていると、この上限に到達してしまい、それ以降は回線速度が非常に遅くなってしまいます。

LINEの無料通話も、データ通信なので、長電話したり、ビデオ通話をしたりすると、この制限がかかってしまう恐れが出てきます。

そこで、通常の回線のデータ量を節約するもう1つの通信方法があります。

それは、「Wi-fi(ワイファイ)」「無線LAN」と呼ばれるものです。

これは、家の中、お店の中等でしか使えない、弱い電波の無線通信です。

Wi-fiの大きな強みは、基本的に「通信データ量の制限がない」ことです。

建物の中までは光ファイバー等でつながっているので、家庭用のネット回線と同様に、基本的には使い放題です。

ですから、家やカフェなどのお店、駅等では、Wi-fiを使うと、通信制限にかかりにくく出来ます。

Wi-fiの電波が届いている場所で、スマホの設定画面に「無線LAN」または「Wi-fi」と書いてあるところがありますので、そのスイッチを入れて、設定をすれば使えます。

パスワードのようなものが必要になる場合もあるので注意して下さい。

LINEの無料通話やトークも、Wi-fiを使って行うことが出来ますので、通話の前に、Wi-fiがつながっているかどうか、確認すると良いでしょう。

しかしながら、Wi-fiでLINEの無料通話をする上では、問題点もあります。

それは、なぜか、通話の品質が良くない場合がある、ということです。

原因ははっきりしませんが、Wi-fiを使っている時は、通話が時々、途切れてしまったり、聞き取りにくいことが多くなることがあるようです。

個人的な経験からはそうでしたし、ネット上の他の人の書き込みでも、Wi-fiを使っている時はLINE無料通話の質が悪い、という情報がありました。

機種や通信環境によるところが大きいと思われるので、全員に当てはまるとは限らないのですが、もし、Wi-fiだけを使っていてLINE無料通話の調子が悪い方は、一旦Wi-fiを切ってみるのも良いかもしれません。

無料通話のできるソフト・アプリはいくつかあるのですが、どのソフトも、通話の品質にはどうしても問題が出てきます。

今後の更新で改善されるかもしれませんが、ひとまずは回線をうまく使い分けるのが良いでしょう。

大事な会話や、屋外で通話したい時のために、室内では多少の問題には目をつぶり、Wi-fiを使うようにするのも、良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です