LINE無料通話の設定方法は?

横長広告バナー


LINEの無料通話は、よくお使いになる方も多いでしょう。

どこの携帯電話会社を使っていても無料で話せるので、もはや通常の電話よりもLINE通話を多用する方もいらっしゃるかもしれません。

多くの人が使うようになってきた今、どうせなら無料通話の設定についても詳しくなって、自分に合った使い方を探してみてはいかがでしょうか。

というわけで、ここでは、LINEの無料通話についての設定を変える方法についてご説明します。

まず、無料通話をしている最中に、画面にいくつかのボタンが出ますが、これらによって、相手に送るもの、送らないものを決めることができます。

映画館にある映写機のようなマークのボタンは、「ビデオ通話」を表していて、音声だけの会話と、カメラの映像を交えた会話を切り替えることが出来ます。

顔を見せたいかそうでないか等で切り替えることが出来ます。

また、マイクのようなボタンを押すと、声も送る、送らないを選べます。

通話中に近くの誰かに話しかけられたり、相手に聞かれたくない時には、とっさにこのボタンで消音できます。

さて、その他、事前にいろいろな設定をすることについてですが、実は残念なことに、LINEの無料通話は、現在のところあまり細かい設定ができません。

着信音を自由に変えることも、公式アプリの中だけでは設定項目すら無く、いじれないのが現状です。

一応、別記事で詳しく触れていますが、別のアプリと連動させることで着信音を変えることも可能なようです。

しかし、Android版でしか出来ないという情報もあり、まだまだ不完全なようです。

LINEアプリ本体からは、ホーム画面右側の「…」のようなボタンから、歯車の形のアイコンを押すと、設定画面を出すことが出来ます。

ここで、設定を変えることが可能です。

あまり変えられる項目はありませんが、「トーク・通話」の項目に、「通話の受信許可」というチェック欄があります。

ここにチェックを入れておかないと、自分宛てに通話がかかってこなくなります。

通話がかかってきてほしくない時にはチェックを外せばいいのですが、それ以外の時はチェックを入れておきましょう。

また、「通知設定」の項目には、その中に、さらに「通知設定」というチェック欄があります。

これをチェックを入れることで、更に細かい通知設定をすることが出来ます。

この中に「一時停止」という項目があります。

これは、一定時間、通知を止めることができる機能です。

「午前8時まで停止」というのも選べます。

これを上手く使うことで、夜中、通知音が気になって眠れない、起きてしまうという方は快適に過ごせるでしょう。

設定を変更できるのは基本的にこのくらいで、あまりユーザーが変えられる要素が少ないのが現状です。

LINEの公式アプリも頻繁に更新されているので、要望に合わせて、今後、変わっていくかもしれません。

また、設定そのものではないですが、設定の項目に「LINE OUT」という機能の項目もあります。

これはLINEの通話機能を、LINE以外の電話にもつなげられるようにする機能です。

従来の携帯電話の通話よりも、割安に通話できるのがポイントなので、料金を調べつつ、使ってみると更に便利かもしれません。

ただ、最近は、携帯電話会社の料金プランが、「電話かけ放題」の契約を用意しているところも多くなっています。

ひょっとしたら、LINE OUT よりも携帯電話会社のかけ放題プランのほうがお得かもしれませんので、安易に飛びつかず、よく検討されることを、おすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です