LINEをブロックするとタイムラインはどうなるのか?


LINEを使用している人は非常に多いと言えますが、中にはあまり係わり合いになりたくないのに仕方なく友達リストに登録した人や、会社の付き合いで泣く泣く友達リストに追加したと言うケースもあるのではないでしょうか。

このような場合、出来るだけLINEで連絡を取りたくないはずですので、ブロックを利用して相手からのメッセージなどを表示させなくするという機能が有効になります。

このブロックを使用した場合、相手からのトークメッセージは一切届かなくなりますが、相手側はトークメッセージを送信できるためブロックされていてもなかなか気づかない場合も多いようです。

スポンサーリンク

ではブロックされた場合、相手のタイムラインにはブロックした側の投稿はどのように表示されるのかと言えば、ブロックされた側のタイムラインにはブロックした側の投稿が一切表示されなくなります。

しかも今まで投稿していた投稿履歴も一斉に消えてしまうため、頻繁に投稿を行っていた人に関してはいきなりタイムラインから投稿が一斉に削除されてしまいますので、それに気づいた場合にはブロックされた側もブロックされていることに気づくことになります。

ブロックした側もブロックしている相手のタイムラインはその時点で見れなくなりますので、ブロックと言う機能はお互いのタイムラインに大きな影響を与えてしまいます。

その為今まで頻繁にやり取りをしていたのに急に連絡が取れなくなった場合には、タイムラインを確認するとブロックされているかどうかが簡単に分かってしまうことになるわけです。

中にはトークは行いたいがタイムラインだけ相手に見せたくないと言う人もいると思いますが、その場合にはタイムラインのみをブロックして相手に見せなくする方法があります。

この場合トークは通常通り使用できますので、連絡を取ることは問題ないため非常に便利に使用することが出来る機能となります。

やり方は設定の中にある「プライバシーの管理」に進み、その中の「タイムライン・ホーム公開設定」を選択し、表示される友達リストの中の公開を非公開にするだけでタイムラインのみのブロックが友達ごと個別に行うことが出来ます。

この機能を上手く利用すると、タイムラインを見られたくない相手だけタイムラインを見せずに済みますので、会社の上司にタイムラインを見せたくない場合や知人だけどあまり付き合いが無い人はタイムラインだけを非表示にするといった使い方をすれば、プライバシーも守りながらLINEを使用することが出来るでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です